Funk

2015年04月09日

[LIVE] 2015 / 03 / 08 G-Funk

S1070002 のコピー

















 日時 : 2015年3月8日 日曜日

 場所 : 岐阜 M's LIVE HALL

 出演 : G-Funk


 <セットリスト>

 .  What Is Hip? / Tower Of Power
 .  Superstition / Stevie Wonder
 .  I Wish / Stevie Wonder
 .  Getaway / Earth Wind & Fire
 .  Dyno-Mite / Boston Horns
 .  I'll Get By / Incognito
 .  We Came To Play / Tower Of Power
 .  What Is Hip? / Tower Of Power



  岐阜県岐阜市にあるM's LIVE HALLで開かれたライブにG-Funkというバンドが出演した。
 社会人と大学生で6人編成。
 ボーカル、ギター、ベース、キーボード、トロンボーン、ドラム。
 演奏した曲は、セットリストの通りだが、ジャンルはソウルやファンク!


  ステージの照明が点き、ギターのチョーキングでイントロが始まる。
 ドラムの複雑なリズムに、ベースが16部音符で刻む。
 大編成ファンクバンド、タワー・オブ・パワーの代表曲『What Is Hip?』。
 トロンボーンソロとオルガンソロがとてもクール!


  2曲目、スティービー・ワンダーSuperstition』 
 ドラムの刻みから始まり、クラビ音色のキーボードのリフが続く。 
 サビで、トロンボーンとベースがユニゾンで奏でる。

  MCを挟まず、すぐにベース・イントロ。
 3曲目は同じくスティービー・ワンダーの楽曲『I wish』
 ベースが常に前へ進むようなラインをランニング。
 この曲のノリを出すのは、非常に難しい!
 途中のギターソロとキーボードソロで更に熱いグルーヴが生まれる! 


  4曲目、 Earth Wind & Fire『Getaway』という曲。
 ギター、ベース、キーボード、トロンボーンのユニゾンで始まる。
 これもギターのカッティングが、かっこいい曲。
 コーラスは、キーボディストがとる。
 1順した後のAメロは、ドラムの刻みにボーカルとギターのカッティングだけが乗るアレンジ! 


  5曲目は、ボストン・ホーンズの『Dyno-Mite
 バスドラムが強調される重めのファンク。
 間に、6連符を駆使したドラムソロ、おしゃれなエレピ音色のキーボードソロ。
 ボーカルのバックでの、キーボードはオルガン音色でファンク色を出していた。


  ここでバラードが1曲。
 インコグニートの『I'll Get By
 ピアノとベースのメロディーが特徴的な曲。
 ゆったりとした演奏に、ソウルフルなボーカルの6曲目でした。


  7曲目、本日2曲目のタワー・オブ・パワー『We Came To Play』 
 シンプルなドラムのパターンに、ギターがしっかりカッティング。
 オルガンは、絶妙にリズムセクションに絡み、シンセベースのようなキーボードソロ。
 後半は、ボーカルの裏で、トロンボーンのリフが現れる。
 そして、プレイヤーも会場のオーディエンスも「♪We came to play」と叫ぶ!
 

  すべての曲を終えると、会場からはアンコール! 
 最後は『What Is Hip?』 
 ボーカルが「思い出の曲」と言っていたので、G-Funkといえば、きっとこの曲なのだろう。
 ソロでは、トロンボーンが吠える!
 そのテンションに、シンセサウンドでキーボードの熱いソロ!
 会場は盛り上がり、ライブは幕を閉じた。


favejam at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)