ファンク

2015年04月09日

[LIVE] 2015 / 03 / 08 G-Funk

S1070002 のコピー

















 日時 : 2015年3月8日 日曜日

 場所 : 岐阜 M's LIVE HALL

 出演 : G-Funk


 <セットリスト>

 .  What Is Hip? / Tower Of Power
 .  Superstition / Stevie Wonder
 .  I Wish / Stevie Wonder
 .  Getaway / Earth Wind & Fire
 .  Dyno-Mite / Boston Horns
 .  I'll Get By / Incognito
 .  We Came To Play / Tower Of Power
 .  What Is Hip? / Tower Of Power



  岐阜県岐阜市にあるM's LIVE HALLで開かれたライブにG-Funkというバンドが出演した。
 社会人と大学生で6人編成。
 ボーカル、ギター、ベース、キーボード、トロンボーン、ドラム。
 演奏した曲は、セットリストの通りだが、ジャンルはソウルやファンク!


  ステージの照明が点き、ギターのチョーキングでイントロが始まる。
 ドラムの複雑なリズムに、ベースが16部音符で刻む。
 大編成ファンクバンド、タワー・オブ・パワーの代表曲『What Is Hip?』。
 トロンボーンソロとオルガンソロがとてもクール!


  2曲目、スティービー・ワンダーSuperstition』 
 ドラムの刻みから始まり、クラビ音色のキーボードのリフが続く。 
 サビで、トロンボーンとベースがユニゾンで奏でる。

  MCを挟まず、すぐにベース・イントロ。
 3曲目は同じくスティービー・ワンダーの楽曲『I wish』
 ベースが常に前へ進むようなラインをランニング。
 この曲のノリを出すのは、非常に難しい!
 途中のギターソロとキーボードソロで更に熱いグルーヴが生まれる! 


  4曲目、 Earth Wind & Fire『Getaway』という曲。
 ギター、ベース、キーボード、トロンボーンのユニゾンで始まる。
 これもギターのカッティングが、かっこいい曲。
 コーラスは、キーボディストがとる。
 1順した後のAメロは、ドラムの刻みにボーカルとギターのカッティングだけが乗るアレンジ! 


  5曲目は、ボストン・ホーンズの『Dyno-Mite
 バスドラムが強調される重めのファンク。
 間に、6連符を駆使したドラムソロ、おしゃれなエレピ音色のキーボードソロ。
 ボーカルのバックでの、キーボードはオルガン音色でファンク色を出していた。


  ここでバラードが1曲。
 インコグニートの『I'll Get By
 ピアノとベースのメロディーが特徴的な曲。
 ゆったりとした演奏に、ソウルフルなボーカルの6曲目でした。


  7曲目、本日2曲目のタワー・オブ・パワー『We Came To Play』 
 シンプルなドラムのパターンに、ギターがしっかりカッティング。
 オルガンは、絶妙にリズムセクションに絡み、シンセベースのようなキーボードソロ。
 後半は、ボーカルの裏で、トロンボーンのリフが現れる。
 そして、プレイヤーも会場のオーディエンスも「♪We came to play」と叫ぶ!
 

  すべての曲を終えると、会場からはアンコール! 
 最後は『What Is Hip?』 
 ボーカルが「思い出の曲」と言っていたので、G-Funkといえば、きっとこの曲なのだろう。
 ソロでは、トロンボーンが吠える!
 そのテンションに、シンセサウンドでキーボードの熱いソロ!
 会場は盛り上がり、ライブは幕を閉じた。


favejam at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月13日

[LIVE] 2013 / 03 / 24 Funk The Candies


日時 : 2013年03月24日 日曜日 夜

場所 : 名古屋BOTTOM LINE

出演 : Funk The Candies(ファンク・ザ・キャンディーズ)


DSCF3794






















<曲リスト> 

 [SE]  T.S.O.P. (The Sound Of Philadelphia)  /  M.F.S.B
 .  T.S.O.P. (The Sound Of Philadelphia)  /  M.F.S.B
 .  Dirty Ol' Man  /  The Three Degrees
 .  Do It  

 .  Smooth Operator  / Sade
 .  ※
 .  That's The Way (I Like It)   /  K.C. & The Sunshine Band
 .  Earth Wind & Fire メドレー曲(順番通りではありません)
    ◆Fantasy (Intro)
    ◆September
    ◆Let's Groove
    ◆Boogie Wonderland
    ◆Getaway
    ◆Shining Star
    ◆September
    ◆Boogie Wonderland (Ending)
[アンコール]
 .  Open Sesame  / Kool & The Gang

  ※ごめんなさい。知らない曲でしたので、曲名がわかりません。



<楽器構成>

 ・ヴォーカル 3名
 ・コーラス 2名 
 ・ギター & コーラス 1名
 ・ベース 1名
 ・キーボード & コーラス 1名
 ・キーボード & パーカッション & コーラス 1名
 ・パーカッション & コーラス 1名
 ・ドラム  1名
 ・トランペット 2名
 ・トロンボーン 1名
 ・アルトサックス 1名
 ・テナーサックス 1名

計16名


2012年5月27日に、ここボトムラインで話題を呼んだ名古屋屈指の大型バンド
『Funk The Candies』
前回と同じように「T.S.O.P」のSEで幕が開けた。

前回のライブと比べ、トランペットが1名増え、ホーンセクションが2列の配置。
その増えたトランペット奏者が、ずば抜けたハイトーンヒッターだった。
これが、起爆剤となり会場をぐいぐい盛り上げた。

下手のキーボディストは、キーボード横にパーカッションを置き、曲により楽器を変えるスタイル。

SE後、そのままバンドで「T.S.O.P」の演奏が始まったが、
バンドの顔であるボーカル3名はステージにはいなかった。

まだ出てこない、まだ出てこないと思っていると、客席の前列にいるではないか!
この演出でライブの冒頭から会場が熱くなった。

途中、ボーカル3人の衣装替えをはさみ、Fantasyのイントロ。
その瞬間!空いた口が塞がらなかった。
あまりにも、原曲に対し忠実に再現されていたからだ。

このメドレー曲は、Earth Wind & Fire の楽曲ばかりが並んでいた。
ノンストップで繰り広げられる曲が、見事に次の曲へと繋がる。
Funk The Candiesにしかできない、メドレーのテクニックだ!

他の出演者も含め、会場の誰もが、楽しみ度肝を抜かれたライブとなった。

DSCF3844




















ブログを観ていただきありがとうございました 


----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


favejam at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月16日

[LIVE] 2013 / 03 / 09 Soul Gang


日時 : 2013年03月09日 日曜日 夜

場所 : 岐阜SoulDyna

出演 : SOUL GANG(ソウル ギャング)


DSCF3741
























<曲リスト> 

 〜 1st Stage 〜

 .  Celebration  /  Kool & The Gang
 .  Bad  /  Michael Jackson
 .  I Want You Back  / Jackson 5
 .  For The Love Of You  / The Isley Brothers
 .  Long Train Runnin'  /  The Doobie Brothers
 .  You Are The Universe   /  The Brand New Heavies
 .  Superstition  /  Stevie Wonder


 〜 2nd Stage 〜

(SE)T.S.O.P. (The Sound Of Philadelphia) / M.F.S.B
 .  What's Going On  /  Marvin Gaye
 .  Never Too Much  /  Luther Vandross
 .  (※)
 .  Got To Be Real  /  Cheryl Lynn
 .  Can't Take My Eyes Off You  /  The Boys Town Gang
 .  Ladies Night   /  Kool & The Gang
 .  Boogie Wonderland  /  Earth Wind & Fire
 .  Septenber  /  Earth Wind & Fire
 .  Let's Groove  /  Earth Wind & Fire

  ※ごめんなさい。知らない曲でしたので、曲名がわかりません。



<楽器構成>

 ・ヴォーカル 2名
 ・ギター 1名
 ・ベース 1名

 ・キーボード & コーラス 1名
 ・ドラム & コーラス 1名
 ・サックス 1名



2012年2月11日、3年半の活動に終止符が打たれた。


岐阜Soul Dyna レギュラーバンド『Soul Gang』

この日、解散1年を経て一夜限りのライブを行った。


まず1曲目『Celebration』
2006年に開催されたWBC(World Baseball Classic)の日本優勝時、球場に流れた曲だ。
曲中はテナーサックスソロでオープニング曲を盛り上げた。

続けて、マイケル・ジャクソンの名曲『Bad』
お決まりのベースで曲が始まる。途中キーボードソロを挟む。

MC後、ジャクソン・ファイブのデビュー曲『I Want You Back』ハンドラップとタンバリンの音はドラムハイハット横に置かれたパッドで演奏された。
この曲と次曲で、上手側のヴォーカリストがメインを歌う。

そして、The Isley Brothersの『For The Love Of You』
とても心地の良いキーボードの音が響き、一度落ち着いた。
渋いテナーサックスソロ、そしてウィンドチャイム(パッドにて)で雰囲気を作り上げた。

ギターの刻みで始まったのは『Long Train Runnin'』
イントロがとても印象的な曲だ。ディスコの定番曲の1つでもある。

次は、The Brand New Heaviesの『You Are The Universe』
女性ボーカルグループには、ぴったりな選曲。
曲中には、ミラーボールが周り、ギターソロで盛り上がった。

1ステージラスト。
Soul Gangといえば、やはりこの曲『Superstition』
この曲に使われる、クラヴィネットの音・リズム・フレーズはかっこいい!!


さて、2ステージ
マーヴィン・ゲイ『What's Going On』
ソウルフルなこの曲は、反戦歌としてマーヴィンの代表作だ。
ダニー・ハサウェイのアルバム『Live』でも、この曲を聞く事ができる。

さて、ベースはスラップ奏法に変わり『Never Too Much』
曲中の「Never too much, 〜」と繰り返す所のコーラスはばっちり決めていた。

三曲目のバラードは申し訳ありませんが、知らない曲だったため、わかりませんでした。

さて、4曲目はシェリル・リンの名曲『Got To Be Real』
ベースは引き続きスラップ、そして、ドラムソロをはさみ、オーディエンスが踊りだした。
原曲キーは「G」だが、Soul Gangは「F」だった。 

続いて、誰もが知っている曲『君の瞳に恋してる(Can't take my eyes off you)』
多くのアーティスト、ミュージシャンがカバーをした名曲。
ソロは、ギターとサックスのバトル!!
言うまでもなく、会場は熱く盛り上がる。

そして、KOOL & The Gang『Ladies Night
シンセサイザーがこの曲特有の四分音符と、ブラスサウンドを刻む。
オーディエンスは左右に揺れた。

KOOL & The Gangとこれば、Earth Wind & Fire(以下、EW&F)も外せない。『Boogie Wonderland』
特有なリズムを生む楽曲を、Soul Gangは速いテンポで披露する。
Soul Gangの場合、Aメロ部分のベースラインが特徴的だ。
八分音符で「D→A→C→A」と繰り替えし演奏される。
これは、『
Megamix 2000』の曲中の動きと似ている。
もしかしたら、参考にしているかも。


そして、アンコールに入り『September』
曲中はキメが多く、若々しさあふれる演奏だった。
オーディエンスのテンションはクライマックス!

『September』が終わるとすかさず、EW&F『Let's Groove』
イントロはベースラインで始まり、最後のフィナーレを飾った。





Soul Gangは、他のソウル・ファンクバンドより、圧倒的にキメが多い!
そして、メンバーはおそらく20代前半。このジャンルで、これほど若いメンバーで構成されたバンドは少ないだろう。 

今回、解散1年のブランクを経て、ワンマンで開催したライブ。
ブランクがあったバンドとは思えないライブだった。
曲数も16曲と多く、この曲数をこなすのは至難の業。
1年前まで長い間レギュラーバンドとして活動した実績が、この成功を導いたようだ。

DSCF3750





















ブログを観ていただきありがとうございました 
----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


favejam at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月05日

[LIVE] 2012 / 09 / 22 moyacco de ikomyah ka

DSCF3042




日時 : 2012年09月22日 土曜日 夜

場所 : 名古屋 BOTTOM LINE

出演 : ファンキー・ヒップス


<曲リスト> 

   Boogie Wonderland  /  Earth Wind & Fire

   Got To Be Real  /  Cheryl Lynn
   Killing Me Softly / Roberta Flack
   I Wish / Stevie Wonder
   Let's Groove  /  Earth Wind & Fire
   September  /  Earth Wind & Fire
   Venus  /  The Shocking Blue


<楽器構成>

 ・ヴォーカル 3名
 ・ギター 1名 ・キーボード 1名
 ・ベース 1名
 ・ドラム 1名
 ・サックス 1名
 ・ダンサー 2名


音楽だけでなく照明まで駆使したステージに。
プレイヤーだけでなく、若い女の子がダンスを披露!!
ダンスクラシックの有名な曲ばかりで、お客さんの心を掴んだ。
バンドの方が言うには、お笑いバンド(?)だとか。

DSCF3034



後半は、ボーカルの方の衣装チェンジ!

全身アルミ箔のような光沢の衣装に。
時間と手間をかけて制作されたそうです

DSCF3048 のコピー



ブログを観ていただきありがとうございました 


 
----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


favejam at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月08日

[LIVE] 2012 / 05 / 27 Funk the Candies



 DSCF2703

日時 : 2012年05月27日 日曜日 夜

場所 : 名古屋 BOTTOM LINE

出演 : Funk the Candies(ファンク・ザ・キャンディーズ)


<曲リスト> 
   SE.  T.S.O.P
  /  MFSB
 1.  Open Sesame  オープン・セサミ  /  Kool & The Gang 

 2.  Jupiter  ジュピター  /  Earth Wind & Fire
 3.  Do It  ドゥ・イット 
 4.  Fantasy  宇宙のファンタジー  /  Earth Wind & Fire
 5.  Ging in Circles  ゴーイング・イン・サークルズ  /  Three Dog Night
 6.  T.S.O.P   /  MFSB
 7.  That's The Way (I Like It)  ザッツ・ザ・ウェイ  /  K.C. & The Sunshine Band
 8.  ファンク・ザ・メガミックス
    ◆September  セプテンバー  /  Earth Wind & Fire
    ◆Play That Funky Music  プレイ・ザット・ファンキーミュージック  /  Wild Cherry
    ◆Lady Marmalade  レディ・マーマレード  /  Patti LaBelle
    ◆Got To Be Real  ガットゥビーリアル  /  Cheryl Lynn
    ◆Ai No Corrida  愛のコリーダ  /  Quincy Jones
    ◆September  セプテンバー  /  Earth Wind & Fire

<楽器構成>

総勢15名
 ・ヴォーカル 3名
 ・ コーラス 2名
 ・ギター&コーラス 1名
 ・ベース 1名
 ・キーボード&コーラス 2名 
 ・ドラム 1名
 ・パーカッション 1名
 ・アルトサックス 1名
 ・ソプラノ&テナーサックス 1名
 ・トランペット 1名
 ・トロンボーン 1名 




 2011年秋~冬頃、名古屋にて結成・活動をスタートしたFunk The Candies
名古屋で活動するソウル、ファンクバンドの中でも類を見ない程の大人数バンドだ。
SEの『T.S.O.P』でメンバーが登場!
それに続き、
サタデーナイトフィーバーのサントラにも入ってる有名なナンバー。
アメリカのソウルバンドKool & The Gangの『Open Sesame』でライブがスタート!!
「開け、ゴマ」という意味の通り、1曲目にふさわしい曲だ。 


6曲目『T.S.O.P』で3名のヴォーカルがステージからはけ、7曲目のイントロで衣装が変え再登場!!
白のワンピースのような衣装から、シルク生地のような光沢のある衣装に。
 
最後に演奏されたファンク・ザ・メガミックスとはメドレー曲!!
大ヒットナンバーが次々とノンストップで演奏された。会場は盛り上がりダンスホールになった


DSCF2751




名古屋にはソウルバンドはいくつかある。例えば・・・
Jumfuncos、XYZ、Marjoriz、F.T.T、ソウル選手権、The Deluxemirrar Ballsなど。
岐阜にはSoul Masters。
これからも活躍してほしいです
 






ブログを観ていただきありがとうございました 


favejam at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)