ダンクラ

2013年04月13日

[LIVE] 2013 / 03 / 24 Funk The Candies


日時 : 2013年03月24日 日曜日 夜

場所 : 名古屋BOTTOM LINE

出演 : Funk The Candies(ファンク・ザ・キャンディーズ)


DSCF3794






















<曲リスト> 

 [SE]  T.S.O.P. (The Sound Of Philadelphia)  /  M.F.S.B
 .  T.S.O.P. (The Sound Of Philadelphia)  /  M.F.S.B
 .  Dirty Ol' Man  /  The Three Degrees
 .  Do It  

 .  Smooth Operator  / Sade
 .  ※
 .  That's The Way (I Like It)   /  K.C. & The Sunshine Band
 .  Earth Wind & Fire メドレー曲(順番通りではありません)
    ◆Fantasy (Intro)
    ◆September
    ◆Let's Groove
    ◆Boogie Wonderland
    ◆Getaway
    ◆Shining Star
    ◆September
    ◆Boogie Wonderland (Ending)
[アンコール]
 .  Open Sesame  / Kool & The Gang

  ※ごめんなさい。知らない曲でしたので、曲名がわかりません。



<楽器構成>

 ・ヴォーカル 3名
 ・コーラス 2名 
 ・ギター & コーラス 1名
 ・ベース 1名
 ・キーボード & コーラス 1名
 ・キーボード & パーカッション & コーラス 1名
 ・パーカッション & コーラス 1名
 ・ドラム  1名
 ・トランペット 2名
 ・トロンボーン 1名
 ・アルトサックス 1名
 ・テナーサックス 1名

計16名


2012年5月27日に、ここボトムラインで話題を呼んだ名古屋屈指の大型バンド
『Funk The Candies』
前回と同じように「T.S.O.P」のSEで幕が開けた。

前回のライブと比べ、トランペットが1名増え、ホーンセクションが2列の配置。
その増えたトランペット奏者が、ずば抜けたハイトーンヒッターだった。
これが、起爆剤となり会場をぐいぐい盛り上げた。

下手のキーボディストは、キーボード横にパーカッションを置き、曲により楽器を変えるスタイル。

SE後、そのままバンドで「T.S.O.P」の演奏が始まったが、
バンドの顔であるボーカル3名はステージにはいなかった。

まだ出てこない、まだ出てこないと思っていると、客席の前列にいるではないか!
この演出でライブの冒頭から会場が熱くなった。

途中、ボーカル3人の衣装替えをはさみ、Fantasyのイントロ。
その瞬間!空いた口が塞がらなかった。
あまりにも、原曲に対し忠実に再現されていたからだ。

このメドレー曲は、Earth Wind & Fire の楽曲ばかりが並んでいた。
ノンストップで繰り広げられる曲が、見事に次の曲へと繋がる。
Funk The Candiesにしかできない、メドレーのテクニックだ!

他の出演者も含め、会場の誰もが、楽しみ度肝を抜かれたライブとなった。

DSCF3844




















ブログを観ていただきありがとうございました 


----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


favejam at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月08日

[LIVE] 2012 / 05 / 27 Funk the Candies



 DSCF2703

日時 : 2012年05月27日 日曜日 夜

場所 : 名古屋 BOTTOM LINE

出演 : Funk the Candies(ファンク・ザ・キャンディーズ)


<曲リスト> 
   SE.  T.S.O.P
  /  MFSB
 1.  Open Sesame  オープン・セサミ  /  Kool & The Gang 

 2.  Jupiter  ジュピター  /  Earth Wind & Fire
 3.  Do It  ドゥ・イット 
 4.  Fantasy  宇宙のファンタジー  /  Earth Wind & Fire
 5.  Ging in Circles  ゴーイング・イン・サークルズ  /  Three Dog Night
 6.  T.S.O.P   /  MFSB
 7.  That's The Way (I Like It)  ザッツ・ザ・ウェイ  /  K.C. & The Sunshine Band
 8.  ファンク・ザ・メガミックス
    ◆September  セプテンバー  /  Earth Wind & Fire
    ◆Play That Funky Music  プレイ・ザット・ファンキーミュージック  /  Wild Cherry
    ◆Lady Marmalade  レディ・マーマレード  /  Patti LaBelle
    ◆Got To Be Real  ガットゥビーリアル  /  Cheryl Lynn
    ◆Ai No Corrida  愛のコリーダ  /  Quincy Jones
    ◆September  セプテンバー  /  Earth Wind & Fire

<楽器構成>

総勢15名
 ・ヴォーカル 3名
 ・ コーラス 2名
 ・ギター&コーラス 1名
 ・ベース 1名
 ・キーボード&コーラス 2名 
 ・ドラム 1名
 ・パーカッション 1名
 ・アルトサックス 1名
 ・ソプラノ&テナーサックス 1名
 ・トランペット 1名
 ・トロンボーン 1名 




 2011年秋~冬頃、名古屋にて結成・活動をスタートしたFunk The Candies
名古屋で活動するソウル、ファンクバンドの中でも類を見ない程の大人数バンドだ。
SEの『T.S.O.P』でメンバーが登場!
それに続き、
サタデーナイトフィーバーのサントラにも入ってる有名なナンバー。
アメリカのソウルバンドKool & The Gangの『Open Sesame』でライブがスタート!!
「開け、ゴマ」という意味の通り、1曲目にふさわしい曲だ。 


6曲目『T.S.O.P』で3名のヴォーカルがステージからはけ、7曲目のイントロで衣装が変え再登場!!
白のワンピースのような衣装から、シルク生地のような光沢のある衣装に。
 
最後に演奏されたファンク・ザ・メガミックスとはメドレー曲!!
大ヒットナンバーが次々とノンストップで演奏された。会場は盛り上がりダンスホールになった


DSCF2751




名古屋にはソウルバンドはいくつかある。例えば・・・
Jumfuncos、XYZ、Marjoriz、F.T.T、ソウル選手権、The Deluxemirrar Ballsなど。
岐阜にはSoul Masters。
これからも活躍してほしいです
 






ブログを観ていただきありがとうございました 


favejam at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)