ライブ

2013年03月16日

[LIVE] 2013 / 03 / 09 Soul Gang


日時 : 2013年03月09日 日曜日 夜

場所 : 岐阜SoulDyna

出演 : SOUL GANG(ソウル ギャング)


DSCF3741
























<曲リスト> 

 〜 1st Stage 〜

 .  Celebration  /  Kool & The Gang
 .  Bad  /  Michael Jackson
 .  I Want You Back  / Jackson 5
 .  For The Love Of You  / The Isley Brothers
 .  Long Train Runnin'  /  The Doobie Brothers
 .  You Are The Universe   /  The Brand New Heavies
 .  Superstition  /  Stevie Wonder


 〜 2nd Stage 〜

(SE)T.S.O.P. (The Sound Of Philadelphia) / M.F.S.B
 .  What's Going On  /  Marvin Gaye
 .  Never Too Much  /  Luther Vandross
 .  (※)
 .  Got To Be Real  /  Cheryl Lynn
 .  Can't Take My Eyes Off You  /  The Boys Town Gang
 .  Ladies Night   /  Kool & The Gang
 .  Boogie Wonderland  /  Earth Wind & Fire
 .  Septenber  /  Earth Wind & Fire
 .  Let's Groove  /  Earth Wind & Fire

  ※ごめんなさい。知らない曲でしたので、曲名がわかりません。



<楽器構成>

 ・ヴォーカル 2名
 ・ギター 1名
 ・ベース 1名

 ・キーボード & コーラス 1名
 ・ドラム & コーラス 1名
 ・サックス 1名



2012年2月11日、3年半の活動に終止符が打たれた。


岐阜Soul Dyna レギュラーバンド『Soul Gang』

この日、解散1年を経て一夜限りのライブを行った。


まず1曲目『Celebration』
2006年に開催されたWBC(World Baseball Classic)の日本優勝時、球場に流れた曲だ。
曲中はテナーサックスソロでオープニング曲を盛り上げた。

続けて、マイケル・ジャクソンの名曲『Bad』
お決まりのベースで曲が始まる。途中キーボードソロを挟む。

MC後、ジャクソン・ファイブのデビュー曲『I Want You Back』ハンドラップとタンバリンの音はドラムハイハット横に置かれたパッドで演奏された。
この曲と次曲で、上手側のヴォーカリストがメインを歌う。

そして、The Isley Brothersの『For The Love Of You』
とても心地の良いキーボードの音が響き、一度落ち着いた。
渋いテナーサックスソロ、そしてウィンドチャイム(パッドにて)で雰囲気を作り上げた。

ギターの刻みで始まったのは『Long Train Runnin'』
イントロがとても印象的な曲だ。ディスコの定番曲の1つでもある。

次は、The Brand New Heaviesの『You Are The Universe』
女性ボーカルグループには、ぴったりな選曲。
曲中には、ミラーボールが周り、ギターソロで盛り上がった。

1ステージラスト。
Soul Gangといえば、やはりこの曲『Superstition』
この曲に使われる、クラヴィネットの音・リズム・フレーズはかっこいい!!


さて、2ステージ
マーヴィン・ゲイ『What's Going On』
ソウルフルなこの曲は、反戦歌としてマーヴィンの代表作だ。
ダニー・ハサウェイのアルバム『Live』でも、この曲を聞く事ができる。

さて、ベースはスラップ奏法に変わり『Never Too Much』
曲中の「Never too much, 〜」と繰り返す所のコーラスはばっちり決めていた。

三曲目のバラードは申し訳ありませんが、知らない曲だったため、わかりませんでした。

さて、4曲目はシェリル・リンの名曲『Got To Be Real』
ベースは引き続きスラップ、そして、ドラムソロをはさみ、オーディエンスが踊りだした。
原曲キーは「G」だが、Soul Gangは「F」だった。 

続いて、誰もが知っている曲『君の瞳に恋してる(Can't take my eyes off you)』
多くのアーティスト、ミュージシャンがカバーをした名曲。
ソロは、ギターとサックスのバトル!!
言うまでもなく、会場は熱く盛り上がる。

そして、KOOL & The Gang『Ladies Night
シンセサイザーがこの曲特有の四分音符と、ブラスサウンドを刻む。
オーディエンスは左右に揺れた。

KOOL & The Gangとこれば、Earth Wind & Fire(以下、EW&F)も外せない。『Boogie Wonderland』
特有なリズムを生む楽曲を、Soul Gangは速いテンポで披露する。
Soul Gangの場合、Aメロ部分のベースラインが特徴的だ。
八分音符で「D→A→C→A」と繰り替えし演奏される。
これは、『
Megamix 2000』の曲中の動きと似ている。
もしかしたら、参考にしているかも。


そして、アンコールに入り『September』
曲中はキメが多く、若々しさあふれる演奏だった。
オーディエンスのテンションはクライマックス!

『September』が終わるとすかさず、EW&F『Let's Groove』
イントロはベースラインで始まり、最後のフィナーレを飾った。





Soul Gangは、他のソウル・ファンクバンドより、圧倒的にキメが多い!
そして、メンバーはおそらく20代前半。このジャンルで、これほど若いメンバーで構成されたバンドは少ないだろう。 

今回、解散1年のブランクを経て、ワンマンで開催したライブ。
ブランクがあったバンドとは思えないライブだった。
曲数も16曲と多く、この曲数をこなすのは至難の業。
1年前まで長い間レギュラーバンドとして活動した実績が、この成功を導いたようだ。

DSCF3750





















ブログを観ていただきありがとうございました 
----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


favejam at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月05日

[LIVE] 2012 / 09 / 22 moyacco de ikomyah ka

DSCF3042




日時 : 2012年09月22日 土曜日 夜

場所 : 名古屋 BOTTOM LINE

出演 : ファンキー・ヒップス


<曲リスト> 

   Boogie Wonderland  /  Earth Wind & Fire

   Got To Be Real  /  Cheryl Lynn
   Killing Me Softly / Roberta Flack
   I Wish / Stevie Wonder
   Let's Groove  /  Earth Wind & Fire
   September  /  Earth Wind & Fire
   Venus  /  The Shocking Blue


<楽器構成>

 ・ヴォーカル 3名
 ・ギター 1名 ・キーボード 1名
 ・ベース 1名
 ・ドラム 1名
 ・サックス 1名
 ・ダンサー 2名


音楽だけでなく照明まで駆使したステージに。
プレイヤーだけでなく、若い女の子がダンスを披露!!
ダンスクラシックの有名な曲ばかりで、お客さんの心を掴んだ。
バンドの方が言うには、お笑いバンド(?)だとか。

DSCF3034



後半は、ボーカルの方の衣装チェンジ!

全身アルミ箔のような光沢の衣装に。
時間と手間をかけて制作されたそうです

DSCF3048 のコピー



ブログを観ていただきありがとうございました 


 
----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


favejam at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月03日

[LIVE] 2012 / 09 / 17 Soul-Funk de ikomyah ka

DSCF3032



日時 : 2012年09月17日 月曜日 夜

場所 : 名古屋 BOTTOM LINE

出演 : 


The Dockerys
(ザ・ドッカリーズ)

DSCF2985






S-BAND(エス-バンド)

DSCF2988




SO-RY's(ソーリーズ)

DSCF2992


<曲リスト> 

 .  Clap Your Hands Together  /  Funky Bureau

 .  Superstition  /  Stevie Wonder
 .  I Wish / Stevie Wonder
 .  Billie Jean  /  Michael Jackson
 .  Long Train Runnin'  /  The Doobie Brothers
 .  Le Freak   /  Chic


<楽器構成>

 ・ヴォーカル 1名
 ・ギター&コーラス 1名
 ・ベース 1名
 ・ドラム 1名
 ・サックス 1名



ボーカルを担当するのはSORYさん。
白色ベースのキラキラと輝く衣装で登場!!

歌だけでなく、MCやダンスも上手く、会場を盛り上げていた。ソウルの曲の中に、マイケル・ジャクソンを挟むのがなんともシックな選曲。
モーニング娘。の『LOVEマシーン』『恋愛レボリューション』などが、ダンスクラシックの名曲をモチーフにアレンジされている事をMCで言ってた。
モーニング娘。を改めて聞いてみてください。
更に楽しめるようにはず!!


『LOVEマシーン』 → ♪Get Lady  ♪君の瞳に恋してる

『恋愛レボリューション』 → ♪Venus  ♪ミラクルズ 






Another Face

※写真を撮れませんでした。すいません




JAM FUNCOS

DSCF3005


ブログを観ていただきありがとうございました 



 
----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


favejam at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月16日

[Event] 2012 / 08 / 11 ONE WORLD ONE MUSIC


日時 : 2012年08月11日(土) 14:30 

場所 : ウィルあいち内 ウィルホール

出演 :

 ① 甚べ楽団

 ② 藤山ET英一郎
   Latyr Sy (ラティール・シー)
   マヤ・ハッチ
   荒川"B"琢哉

 ③ 瀧彬友+木管五重奏

 ④ アンコーラ・ムジカ

 ⑤ TWO LEAD

 ⑥ THE SPYMAKER

 ⑦ SKAFF-LINKS

 ⑧ CUGジャズオーケストラ






今回取り上げるのは!!

「SKAFF-LINKS」


2001年に結成。
東京を中心に活動する人気スカバンド。
今まで8枚のオムニバスCDに参加。その中には海外発の物も含む。
年間約50本ものライブをこなす。
2007年、日本国内にとどまらず、オランダ、ドイツ、フランス、ベルギー、スイスの5カ国でヨーロッパツアーを敢行!
2010年、ドイツやスペインのメディアに掲載され、ラジオ出演をする。
2011年、韓国ツアー敢行!!


バンドの編成

 ・ソプラノ & バリトンサックス
 ・アルトサックス
 ・テナーサックス
 ・トランペット
 ・トロンボーン
 ・ギター
 ・ベース
 ・ドラム

バリトンの刻みがとても力強く、ギターの歪みサウンドと驚く程マッチしていた。
そして、リズムセクションは抜群の安定感でバンドを支えていた。


<YouTube>
SKAFF-LINKS 桜嵐祭 -Ohransai- Music Clip







<関連イベント>


NAGOYA SKA FESTIVAL
-THE SPYMAKER 10th ANIVERSARY-

2012.09.15(SAT)11:00-17:00
at 栄広場(名古屋栄三越北側) /無料

BAND:
THE SPYMAKER
ALMIGHTY BOMB JACK
RUDE STOMPERS(OSAKA)
SKAFF-LINKS(TOKYO)
TWO LEAD
and more...

DJ:
Ten121
MORI
TATSUWO
AKIRA
KoTA-LoW



 
----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


favejam at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月22日

[LIVE] 2012 / 06 / 24 the CRAZY ANGEL COMPANY


7表

7裏


日時 : 2012年06月22日 19:30
           23日 14:00 18:00 
           24日 13:00 17:00

場所 : KATT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

出演 : the CRAZY ANGEL COMPANY(ザ・クレイジー・エンジェル・カンパニー)
     < http://www.crazy-angel.com/ >


<曲リスト>  

第1部
Burning Beats (バーニング・ビーツ)

 01.  壊れた人類 

 02.  天空に踊る
 03.  運命の出逢い
 04.  不死鳥と呼ばれた死神
 05.  再生
 06.  光の中へ
 07.  大空への逃亡者たち

第2部 LIVE 雅咆 2012 ~青嵐ノ陣~
 01.  オープニング
 02.  百鬼(ひゃっき)
 03.  散花舞(さんかぶ)
 04.  雪がさ
 05.  鳥雲(ちょううん)
 06.  SATSUKI
 07.  雅咆(がほう)
 08.  霜フル月
 09.  竹田の子守唄
 10.  うつせみ
 11.  さくら/スカボロフェア
 12.  茶摘み
 13.  VAGABOND
 14.  CAそーらん節
 15.  琉泉(ちゅうせん)


<楽器構成>

総勢32名
 フルート、クラリネット、サックス
 トランペット、トロンボーン、チューバ
 ドラム、和太鼓、パーカッション
 ギター、ベース、キーボード  など




第1部の
『Burning Beats』は、初めての公演となる。
the CRAZY ANGEL COMPANY(=CA)の約半数のメンバーによるステージ。
楽器
ダンスカラーガードの3つのジャンルを、ひとりでどこまで出来るかという挑戦だ。
衣装は、黒を基調としたロックテイストの効いた
ヴィジュアル系。

楽曲は、「煉獄庭園(れんごくていえん)」という音楽団体のロックで繰り広げられた。スラップ奏法のベース、激しい動きのダンス、7曲目「大空への逃亡者たち」ではフラッグを投げるシーンもあった。

第1部は嵐のように激しく、そしてあっという間に過ぎ去った印象だった。



第2部の
LIVE 雅咆 2012 ~青嵐ノ陣~ は、多くの人に愛されたシリーズ。
様々なジャンルのパフォーマンスを織り交ぜた、和のステージだ。
楽器ダンスカラーガード殺陣、そしてゲスト川口学さんのバトン

オープニングは、ステージ前の網の幕に映し出された
映像から始まる。
そして、その幕が上から落ち、ステージが披露・開始される。
ベースラインから始まる2曲目の「百鬼」では、
締太鼓を使った楽曲。
6曲目では「雅咆」を、14曲目では「魂」の
が披露された。
11曲目では、マーチングのスネアとバスドラムによるプレイもあった。

全体的に、キーボードを随所に取り入れ、幻想的なイントロの楽曲が多かった。




残念ながら公演中は撮影禁止なので写真はないが、これは公演後のあいさつ時の写真。

DSCF2831



雅咆とは?
CAのホームページ


動画(YouTube)
こちら




CAの代表でもあり、この公演の演出を手がけているのは、
斉藤美明さん。とても尊敬をしている人です。

DSCF2870

高校よりトランペットを始める。
大学では応援部吹奏楽団に所属。
マーチングのステージディレクターとして、企画、構成、アレンジ、練習指導を行う。
また、ミュージカル学校にてダンスほか学び、役者としても舞台に立つ。
その後、2000年秋にCAを旗揚げし、演出・代表を務める。
(本公演パンフレットより抜粋) 


favejam at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
   次のページへ