2012年08月16日

[Event] 2012 / 08 / 11 ONE WORLD ONE MUSIC


日時 : 2012年08月11日(土) 14:30 

場所 : ウィルあいち内 ウィルホール

出演 :

 ① 甚べ楽団

 ② 藤山ET英一郎
   Latyr Sy (ラティール・シー)
   マヤ・ハッチ
   荒川"B"琢哉

 ③ 瀧彬友+木管五重奏

 ④ アンコーラ・ムジカ

 ⑤ TWO LEAD

 ⑥ THE SPYMAKER

 ⑦ SKAFF-LINKS

 ⑧ CUGジャズオーケストラ






今回取り上げるのは!!

「SKAFF-LINKS」


2001年に結成。
東京を中心に活動する人気スカバンド。
今まで8枚のオムニバスCDに参加。その中には海外発の物も含む。
年間約50本ものライブをこなす。
2007年、日本国内にとどまらず、オランダ、ドイツ、フランス、ベルギー、スイスの5カ国でヨーロッパツアーを敢行!
2010年、ドイツやスペインのメディアに掲載され、ラジオ出演をする。
2011年、韓国ツアー敢行!!


バンドの編成

 ・ソプラノ & バリトンサックス
 ・アルトサックス
 ・テナーサックス
 ・トランペット
 ・トロンボーン
 ・ギター
 ・ベース
 ・ドラム

バリトンの刻みがとても力強く、ギターの歪みサウンドと驚く程マッチしていた。
そして、リズムセクションは抜群の安定感でバンドを支えていた。









<関連イベント>


NAGOYA SKA FESTIVAL
-THE SPYMAKER 10th ANIVERSARY-

2012.09.15(SAT)11:00-17:00
at 栄広場(名古屋栄三越北側) /無料

BAND:
THE SPYMAKER
ALMIGHTY BOMB JACK
RUDE STOMPERS(OSAKA)
SKAFF-LINKS(TOKYO)
TWO LEAD
and more...

DJ:
Ten121
MORI
TATSUWO
AKIRA
KoTA-LoW



 
----------------------------------------------------------------------

他にもブログを書いています。
よければ見てくださいね。

A PIECE of PEACEBOAT 〜ピースボート地球一周の旅〜
 
 
人生!世界!見方が変わるヒント! 

----------------------------------------------------------------------
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
▲ブログ村に登録しています。1クリックお願いします。


2012年08月12日

[Musical] 2012 / 07 / 01 A COMMON BEAT



SCN_0017


日時 : 2012年06月31日 19:30

         07月01日 13:00 17:30 


場所 : 中京大学文化市民会館 オーロラホール


出演 : A COMMON BEAT(ア・コモン・ビート)

     < http://www.commonbeat.org/>



<CAST>


総勢100





ミュージカル コモンビートとは?


コモンビートが発足したきっかけは約10年前のこと。
ピースボートの船内にて行われた洋上ミュージカルがきっかけとなった。
 

100人の参加者が100日間で作り上げるミュージカル。

100日間とはいえ、練習は週末のみで実質25~30日程の練習日数。

この短期間で、出演者みんなで協力し合い作り上げるには相当なエネルギーを要する。


ステージは、100日間とは思えない迫力。

キャストは、100日間で身につけたとは思えない、ダンス・演技・歌唱をみせる。


ステージの照明や音響などはプロによるもの。


「キャスト100人もの声をどのように出しているのか?」聞いてみた。

出演者15人程度が持つピンマイクと、ステージ前のマイクがキャストの声を録る。

そして、舞台裏にもマイクが設置されていて、そこでも歌われているとのこと。





残念ながら公演中は撮影ができなかったので写真はありません。

すいません




2012年07月22日

[LIVE] 2012 / 06 / 24 the CRAZY ANGEL COMPANY


7表

7裏


日時 : 2012年06月22日 19:30
           23日 14:00 18:00 
           24日 13:00 17:00

場所 : KATT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

出演 : the CRAZY ANGEL COMPANY(ザ・クレイジー・エンジェル・カンパニー)
     < http://www.crazy-angel.com/ >


<曲リスト>  

第1部
Burning Beats (バーニング・ビーツ)

 01.  壊れた人類 

 02.  天空に踊る
 03.  運命の出逢い
 04.  不死鳥と呼ばれた死神
 05.  再生
 06.  光の中へ
 07.  大空への逃亡者たち

第2部 LIVE 雅咆 2012 ~青嵐ノ陣~
 01.  オープニング
 02.  百鬼(ひゃっき)
 03.  散花舞(さんかぶ)
 04.  雪がさ
 05.  鳥雲(ちょううん)
 06.  SATSUKI
 07.  雅咆(がほう)
 08.  霜フル月
 09.  竹田の子守唄
 10.  うつせみ
 11.  さくら/スカボロフェア
 12.  茶摘み
 13.  VAGABOND
 14.  CAそーらん節
 15.  琉泉(ちゅうせん)


<楽器構成>

総勢32名
 フルート、クラリネット、サックス
 トランペット、トロンボーン、チューバ
 ドラム、和太鼓、パーカッション
 ギター、ベース、キーボード  など




第1部の
『Burning Beats』は、初めての公演となる。
the CRAZY ANGEL COMPANY(=CA)の約半数のメンバーによるステージ。
楽器
ダンスカラーガードの3つのジャンルを、ひとりでどこまで出来るかという挑戦だ。
衣装は、黒を基調としたロックテイストの効いた
ヴィジュアル系。

楽曲は、「煉獄庭園(れんごくていえん)」という音楽団体のロックで繰り広げられた。スラップ奏法のベース、激しい動きのダンス、7曲目「大空への逃亡者たち」ではフラッグを投げるシーンもあった。

第1部は嵐のように激しく、そしてあっという間に過ぎ去った印象だった。



第2部の
LIVE 雅咆 2012 ~青嵐ノ陣~ は、多くの人に愛されたシリーズ。
様々なジャンルのパフォーマンスを織り交ぜた、和のステージだ。
楽器ダンスカラーガード殺陣、そしてゲスト川口学さんのバトン

オープニングは、ステージ前の網の幕に映し出された
映像から始まる。
そして、その幕が上から落ち、ステージが披露・開始される。
ベースラインから始まる2曲目の「百鬼」では、
締太鼓を使った楽曲。
6曲目では「雅咆」を、14曲目では「魂」の
が披露された。
11曲目では、マーチングのスネアとバスドラムによるプレイもあった。

全体的に、キーボードを随所に取り入れ、幻想的なイントロの楽曲が多かった。




残念ながら公演中は撮影禁止なので写真はないが、これは公演後のあいさつ時の写真。

DSCF2831



雅咆とは?
CAのホームページ


動画(YouTube)
こちら




CAの代表でもあり、この公演の演出を手がけているのは、
斉藤美明さん。とても尊敬をしている人です。

DSCF2870

高校よりトランペットを始める。
大学では応援部吹奏楽団に所属。
マーチングのステージディレクターとして、企画、構成、アレンジ、練習指導を行う。
また、ミュージカル学校にてダンスほか学び、役者としても舞台に立つ。
その後、2000年秋にCAを旗揚げし、演出・代表を務める。
(本公演パンフレットより抜粋)